マウナケア山頂から見る日の出

日本人が大好きなハワイ島の魅力とは

ハワイといえば日本人が大好きなリゾートアイランド第1位ですね。毎年のように訪れるリピーターも多く、ハワイ好きの人は後を絶ちません。ハワイにはホノルルのあるオアフ島以外に絶景を見ることができハワイ島やマウイ島などもあります。今回はハワイ諸島の中でも一番起きいハワイ島にあるマウナケアなどハワイ島の魅力について紹介します。

 

マウナケアとは?

マウナケアは地球上で最も星空に近いと言われる天体観測に最適な絶景スポットになります。マウナケアは標高4205mを誇るハワイ諸島の最高峰に位置します。常夏の島にある山ではありますが、冬には山頂部分に雪がおおわれるため、ハワイ語で白い山という呼びなでマウナケアと呼ばれております。このマウナケアは海底からの測量でいくと1万203メートル。この高さはエベレストを超える高さなのです。また年間を通して晴天率が90%以上を誇るため、星空観察に絶好のスポットです。さらに頂上まで自転車でのアクセスが可能になります。また周囲に明かりがないので世界で最も天体観測に適した場所の1つで、地球上で一番星空に近い場所と言われています。

 

マウナケアの所在場所は?

マウナケアはハワイ島に位置しています。ハワイ島はオアフ島のホノルル空港で国内線に乗りついで40分程度のフライトで到着します。時期によって金額は異なりますが、オアフ島からの航空券は往復2万円程度です。オアフ島の観光だけでなく、ハワイ島にも観光にいく海外旅行者は非常に増えています。ハワイ島にはマウナケアだけでなく、ダイナミックな自然やローカルな美味しいフードなどたくさんの魅力が詰まっているので一度は訪れておきたいですね。

 

マウナケアのツアー

マウナケアまでのツアーはレンタカーが進入できないようになっているのでツアーに参加する必要があります。標高が高い山頂にあるので高山病を発症する危険性がありますが、ガイド付きツアーであればその点も安心です。また防寒着も用意してくれているツアーが多いですよ。マウナケアは星空観察だけではなく、サンセットも魅力の1つ。マウナケアの星空はまるで巨大なプラネタリウムのよう。あたり一面星たちに囲まれるので息を飲むほどの絶景を楽しむことができるでしょう。季節ごとに観測できる星座は異なりますので、行く季節に合わせて星座を探してみるとよいでしょう。家族や友人とマウナケアへいくのもよし、恋人とロマンティックに過ごすのもよい場所と言えますね。

 

ハワイ火山国立公園は?

ハワイ島の人気スポットの1つが、ハワイ火山国立公園です。ハワイ火山国立公園はキラウエア火山を中心としたハワイ火山国立公園です。真っ赤に燃える溶岩流をヘリコプターツアーで間近に見ることが出来たり、黒い砂で覆われたビーチであるプナルウ黒砂海岸を訪れたりと絶え間ない火山活動のある島ならではの貴重な体験をすることができます。日本では見ることができない絶景を楽しむことのできるハワイ島は一度は訪れておきたい場所ですね。

世界規模の異常気象が旅行に与える影響を考える

異常気象はもはや恒常的?

 

エルニーニョ現象を始めとして、世界規模の異常気象が問題に取り上げられるようになって、もうずいぶんと月日が過ぎたように感じます。

しかしながら、近年はますます気候の変動を肌で感じるようになってきており、本気で地球の、わたしたちの行く末を案じる人は増えてきているのではないでしょうか?

そんな中で、海外に旅行する時に気をつけなければならないことも色々と増えてきていると思います。

渡航前には滞在先の国の治安情勢はもとより、天気や気候も、伝染病の有無などもしっかりとチェックすることが必要ですし、現在の情報のみではなく、今後の予測も確認しておく必要があるのです。 Continue reading

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

シニア世代にも人気のフィリピン留学

シニア世代も留学する時代

 

フィリピン留学は、働き盛りの世代や学生だけでなく、シニア世代にも人気があります。

シニア世代は、仕事を退職している場合には、時間的な余裕もありますし、経済的にも余裕があるので留学しやすい年齢層であると言えます。

また子育ても一段落していますので、自分に対しての投資をできる人が多くなっているんです

 

家に引きこもっているとぼけてしまう、まだまだ現役で頑張りたいという向上心にあふれたシニア世代におすすめなのが、フィリピン留学です。

シニア世代は、英語を勉強する機会が今の時代ほどなかったので、英語をマスターしている人は少ないと言われています。

 

また何十年ぶりに英語を勉強するというブランクがある人も多いでしょう。しかしフィリピン留学であれば、マンツーマンレッスンが基本になるので、英語力が全くない状態でも、その人のペースに合わせた授業内容になるので、チャレンジしやすいと言えるでしょう。

 

また語学学校には寮が完備されていますので、1日3食付きになります。衣食住が確保されているので、安心して留学をすることができるでしょう。

海外旅行にかける費用が増加してきている

海外旅行会社の調べによると、海外旅行にかけるお金は昨年に比べて増額しているとのこと。去年は5万円未満が最多であったのに対して、今年は特にアラフォー世代以降の総旅行費がアップしているのです。5~10万円、10~15万円の層が最も多い結果となってきており、旅行にかけるお金が増加しています。特に海外旅行で欠かせないこととして、最も多く挙げられた回答がリラクゼーションでした。買い物や食事かと思いきや、みなさん心や体の癒しを海外旅行に求めているということが分かりますね。リラクゼーションとは、マッサージやエステなどを含み、ホテルでゆっくりした時間を過ごすホテルライフもリラクゼーションの一環と言えるでしょう。海外旅行に行くと、あそこもここも行きたいと、予定を詰め込みすぎてしまうことがありますが、ゆったりとした時間も過ごすことが、海外旅行における最高の贅沢なのかもしれませんね。そしておいしい料理を食べ、お買いものをしてストレス発散したいものです。

海外旅行へは個人手配とツアーどちらがよい?

海外旅行に行くときにみなさんは自分で手配をする派ですか?海外旅行会社のツアーで行く派ですか?どちらにもメリット、デメリットがありますが、やはり多くの人はできるだけ安くすませたいと考えるでしょう。自分で航空券やホテルを手配すると、海外旅行会社を通して予約をするよりも安い値段で行くことができるでしょう。しかしその分手間がかかり面倒ですし、現地での案内人などもいないので、チェックインなどすべて自分で行わなければなりませんし、移動の車などの手配も行わなければなりません。海外旅行慣れしている人や、英語が堪能な人であれば大丈夫ですが、海外旅行初心者の人や、英語に自信がない人は、海外旅行会社のツアーで申し込んだ方が安心して旅行を楽しむことができるでしょう。海外旅行会社の中でも、たくさん広告をしている会社はツアー値段が高い場合もあるので、色々な会社を比較して、どのツアーがよいかを決めていきたいですよね。楽しい海外旅行にするためにも、準備がしっかり行うようにしましょう。

海外での現金、カードの盗難は多い

海外旅行への旅行代金は、海外旅行会社に支払っていますが、現地で使うお金は別に持っていかなくてはなりません。海外旅行へ持っていくお金は、現金とクレジットカードが多い傾向がありますが、これだけでは危険なのです。海外旅行でのトラブルに遭遇した人の割合は多く、特にトラブルのうち75%は盗難や紛失の被害にあっているのです。特に現金の盗難は非常に多いので、現金をたくさん持ち歩くのは非常に危険でしょう。クレジットカードは現金に比べると、安全なイメージがありますが、カードの不正利用には気を付けなければなりません。信用できる店での買い物であれば、大丈夫ですが、お店の中には、スキミングやフィッシング詐欺などを行うところもあるので、定員の動きなどをきちんと確認した方がよいでしょう。現金は、チップを支払う習慣がある国では、必要不可欠であり、とっても便利です。しかし財布を落としたり、スラれたりした時にも、もうその現金は絶対に戻ってこないものと考えた方がよいでしょう。

海外旅行へ持っていくパスポート

海外旅行会社を通じてツアーを予約する場合も、個人で手配する場合も、海外に行くときには必ずパスポートが必要になります。このパスポートがなければ、他の国に入国することができませんし、国によってはパスポートの他に観光ビザが必要な場合もあるでしょう。日本人は短期の海外旅行の場合は、パスポートだけあれば、ほとんどの国に入国することができますが、他国によってはパスポートだけでは海外旅行へ行けないケースも多いのです。政治が不安定な国や、不法侵入などが多い国の場合、海外へ旅行する時にパスポートと一緒に、ビザの発行をしなければなりません。日本のようにパスポートだけで入国できるというのは、日本という国に信用力があり、外交力も高いからなのです。また海外旅行ではパスポートはお財布と同様非常に大切なものになります。肌身離さず、他の人に取られないように細心の注意を払っておかなければなりません。海外旅行を楽しむためにも、安心して観光できる国を訪れたいものですね。

海外旅行へ行くためには節約生活も大切

ユーラシア旅行社などを使って、海外旅行へ行きたいけれどお金がないという人も多いでしょう。海外旅行会社の中には激安ツアーを販売しているところもありますがそれでもやはりお金はかかります。海外旅行へ行きたいために、日々の節約生活を頑張る人も少なくはないでしょう。節約生活は何かの目標があれば、苦にならずに行えるでしょう。例えば、海外旅行へ行きたい、家を書いたいなどまとまったお金が必要な時には、それを目標にするとよいでしょう。節約生活も楽しんで行えば問題はありません。例えば、お昼ごはんを節約するため、お弁当を作ったり、マイ水筒を持ち歩いたりするだけでも、ある程度のお金をためることができるでしょう。お弁当を作るのは、時間がかかりますが、外食や出来合いの弁当を買うよりは、野菜などを取り入れやすいでしょう。少しの我慢で、楽しい海外旅行ができると思えばがんばれそうですよね。海外旅行会社を見比べてツアーを選択すれば、同じ観光地でも安い価格で行くことができると思いますよ。

 

安い早いは当たり前、充実のサポートページ、プロバイダーMOU

あなたが今パソコンでこの記事を見ているのなら、あなたのご家庭にはインターネット回線が敷かれていてプロバイダーと契約をしているはずです。インターネット回線とは文字通り通信回線のことですが、道路で例えるなら一般道や高速道路、公道・私道、田舎の一本道や山奥の獣道など様々な種類があります。これがインターネット回線でいうところの、ADSLや光回線、ケーブルテレビ回線などに相当します。

そしてプロバイダーとは、回線という道路の通行権をあなたに月額いくらで提供している業者さんだと言えます。どの回線を選ぶかによって通行料や違約金、その他付随するサービスが業者さんによって異なりますので、あなたの生活環境に必要な回線、無理なく月額料金を支払えるプロバイダーを選択すると良いでしょう。

「安けりゃいいってものではない」と思われるかも知れません。その通りです。安い早いは当たり前。大事なのはいざ繋がらなくなったときや設定が分からないときに丁寧なサポートが受けられるかどうかだと思います。MOUプロバイダをご存知ですか?MOUはホームページにOSやバージョンに応じたインターネット接続マニュアルを図解で掲載しているユーザーに優しいプロバイダーです。

ご覧いただきたいのですが、ここまで懇切丁寧な解説を載せているプロバイダーは私は他に知りません。

 

個人で航空券を買う場合、どうしたらよいの?

海外旅行へ行く場合、海外旅行会社を通じてツアーで予約する人もいれば、個人で航空券やホテルの予約を取る人もいるでしょう。個人で手配する場合には、それなりの英語力が必要になるので、手軽に行えるのは海外旅行会社でしょう。しかし個人手配の場合には、ツアーよりも安く旅行に行けるチャンスが高いのです。特に値段が左右するのが、国際線のチケットになります。国際線の航空券には、正規割引運賃のものと、格安航空券のものがあります。正規割引は早く予約をすればするほどお得に購入することができるでしょう。一方格安航空券は、海外旅行会社がパッケージツアーなどで利用する団体運賃の航空券であるので、非常に安いです。個人で手配する場合には、搭乗日の2~4週間前にはチケットを購入した方がよいでしょう。だいたい出発前から1ヶ月を切った時点で購入するのが最も安いのではないかと言われています。また出発する曜日にもよって左右されますが、特に火曜日は年間を通じて値段が安くなっています。