フィリピン留学のコツは目的にあった学校を選ぶこと

フィリピン留学は、授業時間が長いのに低コストで行けるとあって、多くの日本人から注目を浴びています。実際にフィリピン留学を経験した人は、英語をしっかりと話せるようになっているケースが多く、きちんと成果がでているようにみられます。フィリピンには、英語を勉強できる学校が各地に数多くあります。会話重視のところや、マンツーマン授業に特化したところ、ジュニア留学向けなど目的に合った学校を選ぶことが、英語を話せるようになるコツと言えるでしょう。また日本人スタッフが在駐しているところもあるので、いざという時には安心できるでしょう。授業時間が長いだけではなく、現地の人との交流に力を入れているところもあるので、自然と英語のスピーキング力が向上できるでしょう。フィリピンは治安的にも安全で、物価も安く、食事面でも日本人に合った食べ物が多いと言われています。またセブ島などのリゾート地も多く、休みの日にはちょっと旅行気分でお出かけすることもできるかもしれません。

海外旅行でのチップの習慣

海外旅行で気になるのがチップの習慣ですね。日本ではチップの習慣がないため、どのような時に渡せばいいのか、どの国でも必要なのかなど基本的なところがわかっていない人も多いのではないでしょうか。チップが必ずいる国といえば、アメリカです。ヨーロッパの国々もチップの習慣があるところが多いので、用意しておく方がよいでしょう。また欧米の習慣がある国では、チップが必要な場合もあるので、旅行を予約した海外旅行会社などで一度確認をしてからいくようにしましょう。チップをあげるタイミングはサービスをしてもらった時です。例えば、荷物を運んでもらったり、ベッドメイキングをしてもらったり、レストランで食事をサーブしてもらったりしたときですね。サービスの心つけとしてチップを渡すのですから、ありがとうと感じる行動をしてもらった時には迷わず差し出すようにしましょう。日本の習慣にはありませんが、海外旅行などでは現地の習慣に合わせるのが常識です。旅行を楽しみたい場合には、その国の習慣に合わせて行動するようにしなければならないでしょう。