海外での現金、カードの盗難は多い

海外旅行への旅行代金は、海外旅行会社に支払っていますが、現地で使うお金は別に持っていかなくてはなりません。海外旅行へ持っていくお金は、現金とクレジットカードが多い傾向がありますが、これだけでは危険なのです。海外旅行でのトラブルに遭遇した人の割合は多く、特にトラブルのうち75%は盗難や紛失の被害にあっているのです。特に現金の盗難は非常に多いので、現金をたくさん持ち歩くのは非常に危険でしょう。クレジットカードは現金に比べると、安全なイメージがありますが、カードの不正利用には気を付けなければなりません。信用できる店での買い物であれば、大丈夫ですが、お店の中には、スキミングやフィッシング詐欺などを行うところもあるので、定員の動きなどをきちんと確認した方がよいでしょう。現金は、チップを支払う習慣がある国では、必要不可欠であり、とっても便利です。しかし財布を落としたり、スラれたりした時にも、もうその現金は絶対に戻ってこないものと考えた方がよいでしょう。