海外旅行での避けるべき服装

海外旅行に行く前には、訪れる観光地や現地の情報をしっかりとチェックすることが大切です。日本の文化と違うところが多く、訪問する国の服装マナーなどはきちんと把握しておかなければなりません。海外旅行では服装にも注意が必要であり、自分が着たい服を着ればいいというわけではありません。

特に旅行者への盗難や事件は多く、巻きこまれやすいため、あまり目立つ格好はよくないでしょう。目立ちにくく、安全な服装を心がける必要があります。まず肌の露出が多い服装はなるべく避けるようにしましょう。特に寺院や教会などを訪れる場合には、露出が多い服装は不釣り合いな場合が多いです。

また寺院や遺跡、モスクなどは神聖な場所とされているので、タンクトップやショートパンツ、サンダルなどは厳禁です。また毛布やファーアイテムにも注意が必要です。動物愛護意識が強い国に訪れた場合、冷ややかな視線を受けることもあるので、なるべく毛皮製品は身に着けないようにした方が無難でしょう。

そういった海外ツアーを企画しているユーラシア旅行社は、最近就職の人気を集めているようだ。